東京・川崎の「塔風景」

mKm | 2015/4/10 23:47
標高120mほどの多摩丘陵の尾根から東京・川崎方面がよく見渡せるところがあります。
古くからの農地の脇ですが、近隣の農地は次々と宅地化され、遠方の見通しは悪くなって
きています。

この場所から見渡した写真にビル名などを入れました。
全ては網羅できませんが目立つ建物にはキャプションを入れました。

東京にはどんだけ超高層ビルがあるんだ、と改めて驚かされます。

年々、ここから見えるビルや塔の数は増え、それに伴って新しい建物の背面に重なり
見えなくなってしまう建物もあります。以前はレインボーブリッジの2つの主塔
(芝浦側、台場側)が見えたのですが、超高層ビルが建つことにより台場側の主塔は
見えなくなってしまいました。(超高層ビル: 品川シーズンテラス 32F 155.27m)

撮影した2015年1月にはまだこの場所からの見晴らしは良いです。しかし、いつか
ここにも住宅が建ち、東京が見えなくなる時がくるでしょう。

キャプションの文字が読める写真はでかいので、こちらに掲載しました↓
約 13メガバイトの大きさがあります。パソコンの環境によっては読み込みに
少し時間がかかるかもしれません。
キャプション入り写真: http://blue.zero.jp/morikuma/simpleV...
キャプションなし写真: http://blue.zero.jp/morikuma/simpleV...

撮影地点は、ここです: https://goo.gl/maps/ryn0Q
標高約120m 撮影日時: 2015年1月3日 14:50 JST

(追加情報) 2015-07-30
2015年7月に掲示された工事予告によると、2015年12月にこの撮影地点前の畑に
建造物が着工されるそうです。(老人介護施設)
ついにこの景色も見納めとなりました。

コメント

まだ、コメントはありません。