コメント一覧

Total: 10,865
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 218 |
winecolor
写真を追加しました。
写真を追加しました。撮影は南西、ルザー商会の前辺りから。
親マップ: NTTドコモ基地局 by mskr11
N7
2018年5月ワイモバイル更新セクタ
各地のワイモバイルのアンテナが更新されていました。
「旧」はいらないと思います。「新」鉄塔の№35が無いからです。
親マップ: 橋本線(旧)№35 by 匿名
winecolor
>とびゆにさん

写真の追加ありがとうございます。
写真を追加しました。
親マップ: 茨島線 No.11 by 九十九
写真を追加しました。
親マップ: 茨島線 No.10 by 九十九
写真を追加しました。撮影は雄物川の方から。
N7
理由は分かりませんが南に移動したみたいですね。
設備には変化なしかな、情報提供ありがとうございました。
山石 合
廃業、取り壊されました(T . T)
親マップ: 旭湯 煙突 by 山石 合
山石 合
廃業、取り壊されました(;_;)
親マップ: 緑湯 煙突 by 山石 合
山石 合
写真追加しました(^○^)ノ
山石 合
写真追加しました(#^.^#)
tyan
建て替え前の旧鉄塔も赤色航空障害灯 (2段) が設置せれていましたが点灯はしていませんでした。(旧鉄塔は高さ62m、普通色)
tam
honmokusen48gouさま、はじめまして。

いきなりで恐縮ですが、以下のマッピングと重複しておりますので削除をお願いします。
http://tower.30maps.com/map/96580
2017年8月に近くの線無し鉄塔が見えた。
記憶の限り建設途中のこの鉄塔だと思われる。
親マップ: 七沢線5 by honmokusen48gou
土地開発ですかね??
そうだとしたら新鉄塔の建設年がどうしても見たくなる。。。
親マップ: 七沢線4号 by 匿名
winecolor
写真を追加しました。
winecolor
>mhlさん

ご指摘ありがとうございます。
タイトル,タグ等を修正しました。
ウィルコのアンテナでは無くてWiMAXのアンテナだと思います
ケーブルが2本ずつ入っているアンテナがWiMAX2+でケーブルが一本しか入ってないアンテナがWiMAXのアンテナです
下に付いてる白い板みたいなアンテナがauの電波を出してます
Tettou-kochan60
先日近くを通ったら、すべて更地になっていました。
跡地は大型ショッピングモールになる予定です。
winecolor
写真を登録しました。
winecolor
写真を追加しました。
親マップ: アミュラン by winecolor
winecolor
>せんちゃんさん

写真の追加ありがとうございます。
senchan
 参考にならない写真ですが、追加させていただきました(h30 5/4撮影)。
senchan
 写真を追加させていただきました(h30 5/4撮影)。
親マップ: 城ヶ島灯台 by beerko
senchan
 写真を追加させていただきました(h30 5/4撮影)。
senchan
 写真を追加させていただきました(h30 5/4撮影)。
senchan
 写真を追加させていただきました(h30 5/4撮影)。
senchan
 写真を追加させていただきました(h30 5/4撮影)。
親マップ: 観音埼灯台 by beerko
winecolor
>mKmさん

情報ありがとうございます。
確かにその可能性もありますね。
近くに行く機会がありましたら確認したいと思います。
親マップ: 鉄塔 by winecolor
mkm
ただの推測にすぎませんが、温泉櫓か?

鉄塔の根元の部分にタンクらしきものが見えます。
西条市周布(しゅう)には温泉のある施設もあり、温泉が出やすい地域なのかも。

また、鉄塔の向こう側には祠らしきものが見えます。 温泉と祠は親和性がありそうです。

この鉄塔は、かつて自家用に使っていた温泉の名残かもしれません。

なお、昔ながらの方法で温泉を採掘すると、パイプに詰まる「湯の花」を除去するために
櫓が必要になるそうです。 伊豆の熱川(あたがわ)温泉などに行くと、今でも櫓が見られます。

確証はありませんので悪しからず。
親マップ: 鉄塔 by winecolor
写真を追加しました。撮影は東から
親マップ: 茨島線 No.4 by 九十九
写真を追加しました。
senchan
winecolorさん
 一体何に使われていた鉄塔なのでしょうか。私も気になります。
親マップ: 鉄塔 by winecolor
mkm
>なると4さん

灯台とは関係ないですが...

そういえばここ20年(?)以上、カタツムリを見ません。
以前は絵に描いたようにアジサイの葉を這っていたものですが、
全然目にしなくなりました@川崎市。

梅雨の真っ最中に現れるのは大谷石の石垣にくっついたナメクジ
ばかりです。 塩をかけるよりもアルコールスプレーを吹きかけると、
脱水するのか簡単に退治できます。スプレーは垂直面も対応。

本当に灯台と関係ないな...
親マップ: 小松島灯台 by Lighthouse
写真を追加しました。撮影はツルハドラッグの前からです。
なると4
巡視船(徳島県小松島市)2017/11/3巡視船(徳島県小松島市)2017/11/3かたつむり(徳島県小松島市)2017/11/3
2017/11/3の灯台ウォークのときに撮影していた巡視船の写真があったのでアップしておきます。
灯台、巡視船とは関係ありませんが久しぶりにカタツムリをみました。

識別番号:PM27
船名  :よしの
総トン数:約380トン
全長  : 約56メートル
所属  : 徳島保安部
親マップ: 小松島灯台 by Lighthouse
winecolor
>せんちゃんさん

お気になさらないで下さい。

遠目には火の見櫓みたいですが、用途がよく分からない不思議な鉄塔です。
親マップ: 鉄塔 by winecolor
senchan
winecolorさん
 私のはやとちりでした。すみませんでした。
親マップ: 鉄塔 by winecolor
なると4
海上のため住所が特定できませんが、「中田」ではないかと思われます。
写真を差し替えておきました。
winecolor
一回線と送電鉄塔のタグをつけていただきました。
ただ、送電鉄塔には見えないのですが、どうでしょうか?
親マップ: 鉄塔 by winecolor
POSTマン
市貝町防災行政無線No.52を追加
POSTマン
松伏防災行政無線No.38を追加
POSTマン
松伏防災行政無線No.37を追加
mkm
橘処理センター煙突解体【2018/04:西側3.6kmから】
遅れていた橘処理センターの建替に伴う煙突の解体工事が始まっていました。

今年(2018)になって煙突を見ると足場らしいものが取り付けてありましたが、
しばらくしてからまた見ると今度は煙突が短くなっていました。

宮崎配水塔のある丘の上(梵天山 標高87.5m)から写真を撮影してきました。
宮崎配水塔: http://tower.30maps.com/map/428822

mkm
これは「しって」と読むのですね。 川崎に「尻手」と書いて「しって」と読む地名が
ありますが、調べないとわからないものです。

さて、面白い写真をありがとうございます。 こういう形の配水塔・タンクは多分初めて
見ました。 それも双子。

配水塔は色々な地域で千差万別の外観を持っているのが面白いです。

それなりの理由があるのでしょうが、共通化したら安くできるのでは、などと余計な心配を
してしまいます。 技術の進歩や設計・施工会社ごとの工夫もあるのでどうしても色々な
形状になり、それがより高度な技術を生むということもあるのでしょうが。

google maps の衛星写真などを見ると、この配水塔を作っている最中の模様が出ていました。
ストリートビューはまだ更新されていません。(2018-04 現在)

水が入っているタンクは上部の(たぶん)ステンレス部分だけだと思いますが、
下の部分はどうなっているのでしょうか。 興味あるところです。
衛星写真では、フロアがある様にも見えます。
mkm
宮崎配水塔更新工事中【2018/04:南南西近くから】
当初のタンク建替計画では 2017年3月完成ということでしたが、久しぶりに現地に行って
みると、2019年3月完成予定に変更されていました。

工期延長の理由として次の様なものが掲出されていました。
1. 旧タンクの解体時に、より安全に、かつ低振動・低騒音を目指し工法を変更した。
2. 調査を詳細に進めた結果、耐震性を確保するために新タンクの基礎に杭を施工する
 必要が出て工数が増加した。

現状では、旧タンクが撤去された跡地で新しい2つのタンクの基礎部分の工事を行なって
いました。(2018-04)
親マップ: 宮崎配水塔 by mKm
mkm
>せんちゃん ...「さん」はつけるのかな??

わざわざコメント返信ありがとうございます。
この機会に再び海保の留萌港西防波堤南灯台の報告を見たら、
3月下旬発表の分までアップデートされていました。

仮の灯台がまた破損したり、荒海相手は大変みたいです。
「折られた」灯台も海底から回収されていましたね。
mkm
写真を追加させていただきます。

この電波塔は、東京都の防災行政無線の白鬚中継所のものとのことです。
参考記事: http://antenna.dotechin.net/?eid=143... (個人ブログ)

都営白鬚東アパートなど、1982年に完成した高層、長大なアパート群の並びの
建物の屋上に電波塔があります。

アパート群の延長は南北に1km余り、高さは約40mです。 これは、巨大地震で
発生が想定される大火に備えた防火壁として機能するように設計されています。

建物同士は渡り廊下(?)でつながっていますが、この廊下部分や各戸のベランダ部分、
アパート下部の東西に通り抜ける通路部分にはシャッターがあり、大火の時には
閉鎖されるようになっています。 また、木造建造物が多いアパート東側には
いくつもの放水銃が取り付けてあり、大規模火災発生時に周囲の温度を下げることが
できるようになっています。 放水銃用の水はアパート屋上の大きな水タンクに蓄え
られています。
参考記事: http://portal.nifty.com/kiji/1505221... (デイリーポータルZ)

そのアパート群の北端から240mほど南の地点の屋上にこの電波塔が据えられています。

電波塔のすぐ南側には南北に都道が通っていますが、その上空にも渡り廊下(?)があり、
シャッターで閉鎖できる構造になっています。 電波塔のある建物と、都道をはさんだ
南側の建物はアパートではなく、災害対応物資の備蓄倉庫になっています。これらの建物
には窓らしいものはありません。

山石 合さんの写真で、中央部の空が透けて見える部分があります。
これは白鬚東アパート16号棟と電波塔のある建物の間をつないでいる渡り廊下(?)
部分です。大火の時にはこの開口部がシャッターでふさがります。
http://tower.30maps.com/photo/179656

随分昔、東京にこのような「防火壁団地」があると聞いたことがあるのですが、
この電波塔を見たことでこの場所にあるんだ、と認識しました。
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 218 |
home
// このページは、iPhone用のページです。
// PC版はこちら