百合ヶ丘配水塔

mKm | 2012/2/7 19:10
写真登録: mKm
川崎市上下水道局の配水塔
満水時水面標高 136m
有効容量 514 立方メートル
1970年前後に建設。

内径:11.5m, 有効水深:5.0m
❖ 表記の高さはタンク部分で、脚部を含みません
高さ: 8.6m
神奈川県 川崎市麻生区 百合丘三丁目 14-7
QRコード

コメント (1)

mkm
1970年前後に建設された配水塔です。
2014年に耐震化工事が行われていましたが、2018年から2019年にかけて外装の
再塗装が行われました。 まだまだしばらくの間は利用を続けるようです。

川崎市の大きな配水塔はほとんどがコンクリート製です。
脚がある鋼鉄製はここだけです。

なお、現在建設中の宮崎配水塔および工事中に使う仮配水塔はステンレス製です。
また既に撤去済みの久末(ひさすえ)配水塔(円筒形)と長尾配水塔(鉄塔上の楕円体)
は鋼板製だったと思います。 (2019-03-13 記)


お化粧直し完了後の最新の写真をアップロードしました。(2019年2月撮影)