柿生線№23 重角度耐張

mKm | 2009/7/29 11:02
写真登録: mKm
右下2段直吊JP
S36.11
2011/7/18
高さ: 47m
神奈川県 横浜市青葉区 美しが丘西二丁目 32-14
QRコード

コメント (1)

mkm
中央新幹線非常口工事現場【2018/10:西側から】中央新幹線非常口工事現場【2018/10:南西側から】柿生線#23・中央新幹線非常口工事【2018/09:北北西側から】
柿生線#23 から道路 尻手黒川線(しってくろかわせん)を挟んだ北側で、2017年春からリニア中央新幹線の
非常口の立坑工事が始まっています。 現時点(2018年初秋)ではでっかい丸い穴があって、まわりに
たくさんのクレーンが立っています。

Google Earth の2018年1月の衛星画像ではこの工事の様子が見えます。 一時期、Google Maps の衛星画像でも
「穴」が見えていたと思うのですが、現在は過去の衛星画像しか見えません。(2018-09-30)

非常口は 2020年秋の完工予定になっています。

現状では中央新幹線は2027年に東京(品川)・名古屋間で開通予定だそうです。 
その頃、東京〜名古屋間を高いお金を払って大急ぎで移動したい人ってどのくらいいるのかな?

「穴」のあるところは川崎市麻生区ですが、柿生線鉄塔のあるところは横浜市青葉区です。
鉄塔のはるか後方には横浜港周辺の高層ビルが見えます。

左側に見える大木は、かつてこの穴の場所にあった日本合成ゴム(JSR)の研究所跡地にあった
桜の木です。 今年の春もきれいな花を咲かせていました。 伐採されないで残ったようです。

✔ 2018-11-17 追記
工事現場の写真を追加しました。 深い縦穴を掘るために「塔」やクレーンがたくさん立って
います。 穴は直径約36m、深さ約100m で、最深部を東西に中央新幹線のトンネルが貫き
ます。 この辺は駅から遠いので列車も高速で通り抜けると思います。
トンネル換気口には消音装置がついていますが、夜中に列車が通過するとうるさくないのか
やや心配。