川世線№30

mKm | 2009/7/31 15:06
写真登録: otto | mKm
上部2回線が川世線、下部2回線が千南線
送電線はこの鉄塔で東に屈曲している。そして、鉄塔西側の腕金6箇所が特殊な構造(碍子取付け位置が離れて2箇所)になっている。 大回りになる西側が特殊な構造ならば分かるのだが、西側は腕金の頂部で前後の碍子を支えている通常の構造になっている。(写真参照)

1965年(S.40)10月建設 49m
高さ: 49m
東京都 世田谷区 宇奈根三丁目 10-15
QRコード

コメント (3)

mkm
東京外環道東名JCT工事【2017/5:南南西側から】東京外環道東名JCT工事【2017/5:南側から】
otto さん、新しい写真をありがとうございます。

登戸線No.13 のコメントで述べられた様に確かに形が変化していますね。
下段の千南線送電線を分岐して引き降ろし、地中ケーブルにつないでいる
ように見えます。
Google street view をみたら、2014年4月にはまだ変化はなく、
2015年5月には鉄塔工事中のようです。
登戸線No.13 ➜ http://tower.30maps.com/map/24887#c1...

この鉄塔から東北東に350mほどの東名高速道路と野川の交点のところで
東京外環道と東名高速道路のジャンクション工事が行われています。
2015年前後に徐々に各部の工事が始まっているようです。

地下40mより深いところを通る外環道のトンネルと高架の東名高速を
接続する大工事です。完成後には換気装置となる巨大な立坑も掘られています。

この工事現場への電力の供給と、完成後の換気装置の電源として 川世線No.30
から高圧線が分岐されたのではないかというのが私の推測です。

この工事現場から、2つのシールドマシン「みどりんぐ」と「がるるん」が
発進しています。前者は本線トンネル(南行)、後者は本線トンネル(北行)
用です。 これらのマシンの動力は電気なので、膨大な電力を消費するものと
思います。
(シールドマシン=トンネル掘削機:電力で油圧機器を動かして歯の回転や
 本体の推進などを行う)

あくまでも推測。 確たる根拠なし。

なお、Google Maps の衛星写真はジャンクション付近の工事が始まって
間もないころの画像ですが、Google Earth を見ると 2018年の画像まで見る
ことができました。(2019-04-07 現在)

2017年にたまたま撮影した外環道の工事の写真を掲載しました。
広大な工事現場です。

いつも同じように見える送電設備も、長いスパンでは結構大きな変化をしている
ものです。 そういえば、この場所から北に進んだ川世線が小田急線の線路と
交差する周辺では、多くの鉄骨トラスの4本足鉄塔がポール型に置き換わっています。
otto
東名北側より川世線no.30 根本より
mKmさま

引き降ろしをご覧になってのご考察恐れ入りました。遅くなりましたが、もう一度行ってきました。
川世線 no.30の根本からの写真と東名の北側からの写真です。ここに変電設備が置かれているということは、
ご推測の通り、この工事にこの電力が使われているということでしょう。

トンネルといえば、以前読んだ秋庭俊著「帝都東京・隠された地下の秘密」
を思い出しましたが、塔マップにはスレ違いというやつですね。

mkm
otto さん、情報をありがとうございます。

2017年にこの場所を通った時は、大規模な工事をしているので気になって写真を撮りました。
「外環道」についてはまったく頭になかったので、今回調べてここに東名とのジャンクションが
できるのかと驚きました。

今回見せていただいた写真によると、変電設備は仮設という感じですね。 場所が高速道の下
ですから。 たぶん、ジャンクション完成後も換気装置などで多くの電力を使うでしょうから、
それなりの恒常的設備が整備されるのではないかと推測します。 

自分の生活圏から見える柿生線の鉄塔が既存の隣接鉄塔の間に追加されて電線が引き降ろされた
ところがあります。
➜ 柿生線 No.28-1 http://tower.30maps.com/map/20925

この鉄塔ができたすぐ後に近くに卸売市場が新設されました。 多くの電力を使う冷凍機器の
ためだと思いました。 配電線からではなく送電線から直接高圧の電力を取り込む必要がある
設備があるということを認識しました。

東京の地下は穴だらけですね。 地下鉄、地下道、自動車道、放水路や、送電線や配電線も
地下を通っています。 さらに上下水道やガスの管もとおっています。 いつか突然地盤沈下
しそうです。 川崎市北部でも川の放水路やリニア新幹線の通気口・避難口などでっかい穴を
掘っています。首都圏の地下は穴がいっぱいです。掘った土はどこにいったのでしょうか?