川崎市橘処理センター 煙突

九十九 | 2013/9/6 19:11
写真登録: mKm | SASANO Takayoshi
高さ: 100m
神奈川県 川崎市高津区 新作一丁目 20
QRコード

コメント (3)

mkm
橘処理センター煙突【2013/02:南南東側 柿生線#37送電鉄塔のある小山から】
橘処理センターの焼却施設は 2014年度末(2015.3)をもって稼働を終了しています。
同敷地内の粗大ごみ処理施設も 2015年度末(2016.3)に稼働を終了します。

現施設は 1974年に建替により建築され、2015年現在では41年が経過しています。
・1974年12月竣工 煙突高さ 100m 先端口径 1.9m
・焼却処理能力 600t/24h(200t/24h x 3) 余熱発電 2,000kW
(データは川崎市の HP より http://www.city.kawasaki.jp/300/page...

2016年度以降に現施設の解体と改築が行われる予定です。

現時点(2015年9月)ではまだ煙突は存在しています。
添付写真は2013年2月撮影のもので、柿生線#37の立つ小山の上から
撮影したものです。 柿生線#37: http://tower.30maps.com/map/20935
mkm
橘処理センター 新施設模型【2016/03】
2015年度末で粗大ごみ処理施設も稼働を休止し、近い内に煙突を含む解体が
始まるとのことです。(2015-03 現在)

王禅寺処理センター内に新しい橘処理センターの模型があったので、その写真を
掲載します。 煙突は内筒が3本で、高さ100mほどに見えます。

(2016-08 追記)
解体工事を受注した業者が、別件で不正を行っていたことが判明し自ら受注を辞退
しました。 このため、建て替え計画の再検討が行われています。
mkm
橘処理センター煙突解体【2018/04:西側3.6kmから】
遅れていた橘処理センターの建替に伴う煙突の解体工事が始まっていました。

今年(2018)になって煙突を見ると足場らしいものが取り付けてありましたが、
しばらくしてからまた見ると今度は煙突が短くなっていました。

宮崎配水塔のある丘の上(梵天山 標高87.5m)から写真を撮影してきました。
宮崎配水塔: http://tower.30maps.com/map/428822