河北1,2L線 No.9

nagareyama-city | 2010/6/13 23:15
写真登録: Tettoukou
昭和43(1968)年5月建設
航空障害灯2段
高さ: 64m
埼玉県 南埼玉郡宮代町 須賀 1913-1
QRコード

コメント (5)

Tyan様、こんにちは。
突然にて恐縮とは存じますが、Tyan様が私による編集を取り消し、元に戻しておりますことにつきましてコメントをいたします。
Tyan様は、私による編集に対して、これまでに支持物番号(鉄塔番号)、建設年月等を編集で元に戻しておりますが、その理由についてコメントをいただけないかと思っております。

支持物番号(鉄塔番号)を全角(2バイト)文字から半角(1バイト)文字に変更した理由は、文字化けが起きたり、文字が表示されなかったり、読み上げで読み上げられない場合があるためです。
支持物番号(鉄塔番号)の「号」を「No.」に変更した理由は、回線番号の「号」との混同を避けるためです。
その他の編集も、「塔マップ」への貢献になると考えて行った所存であります。

つきましては、編集された内容に疑問がある場合は、コメントをしていただきたく、ここにお願いをする次第です。
お忙しいところ、突然のお願いをいたしまして本当に申し訳ございません。
Powerlinepatroller様

鉄塔番号の「号」表記を積極的に「No.」表記に変更されているようですが、変更する作業を行う前に先のコメントのような事情をまず説明し、賛同を得てから作業を行うことはできなかったのでしょうか。
変更を行った事情について理解は致しますが、たかが番号の表記と言えど、マッパー個々の考えがある以上いきなり手を突っ込むのはあまり良いこととは思えません。

(個人的には、こういう揺らぎのある部分は揺らいだままでも別に良くないですかね、という立場を取っています。)
SASANO Takayoshi様、はじめまして、こんにちは。

このたびは、私の編集のために、大変なご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。

支持物番号(鉄塔番号)の「号」を「No.」に変更した理由は、回線番号の「号」との混同を避けるために、「№」を「No.」に変更した理由は、文字化けが起きたり、文字が表示されなかったり、読み上げで読み上げられない場合があるために、行っておりましたが、今回SASANO Takayoshi様のご指摘をいただき、これまで、SASANO Takayoshi様をはじめとする「塔マップ」のユーザーの皆様に、大変なるご迷惑をおかけしていることを、知ることができました。本当に申し訳ございません。

今後は、SASANO Takayoshi様をはじめとする「塔マップ」のユーザーの皆様に、このようなご迷惑をおかけしないように、努めてまいる所存でございます。

このたびは、ご多忙中にもかかわらず、貴重なご指摘をいただき、誠にありがとうございます。今後とも何卒、よろしくお願い申し上げます。

まずは取り急ぎ、お詫び申し上げます。
あ、えーと…堅苦しい話ではないのでちょっと聞いていただきたいのですが。

塔マップに限った話ではないのですが、英数字を全角で書くか半角で書くかとか、№のような機種依存文字を使うかどうかというのは紛争のネタになりやすい部分です。あと、塔マップは割と「ユルい」場所なので、あまりガチガチのルールで縛ることを望まないマッパーが多いような気がしています(そう思うのは自分だけかもしれませんけど)。

このサイトができてからだいぶ時間も経過して、データ量もかなり蓄積され、表記の揺らぎを解決したい…という考えは非常に良いことだと思いますし可能であればそれはその方が良いと自分も考えます。しかし、先にもコメントした通り説明もなくいきなり始めてしまったことに対して他のマッパーからの反発がありやしないか、その点が見ていて非常に心配になってしまったのでお節介をしてしまいました。

タイトルの変更も結構手間暇がかかる作業です。もし続けるのであれば根を詰めて体をこわさないよう、お願いします。
SASANO Takayoshi様、こんにちは。

このたびは、ご多忙中にもかかわらず、貴重なご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
また、私の説明不足により、SASANO Takayoshi様をはじめとする「塔マップ」のユーザーの皆様に、大変なるご迷惑をおかけしておりますこと、謹んでお詫び申し上げます。

ご指摘の点につきましては、私の不徳のいたすところであり、弁解の余地もございません。誠に申し訳ございません。

今後は、このようなご迷惑をおかけすることのないように、努めてまいる所存でございます。

貴重なご指摘をいただき、心より感謝申し上げます。

このたびの件につきまして、重ねてお詫び申し上げますとともに、今後とも何卒、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。