よみうりランド(読売シャンツェ跡)

SASANO Takayoshi | 2010/11/7 15:00
写真登録: mKm | SASANO Takayoshi
東京都 稲城市 矢野口 3251
QRコード

コメント (5)

mkm
タワーが現役の時は頂部付近から塔両側に水平に腕が伸びており、腕の端に1つずつ計2つのパラシュートがついていました。
遊具としてのパラシュートで、ガイドワイヤーがついていましたが、現在の東京ドームシティーのもの( http://tower.30maps.com/map/158 )とは違い、かなりほんもののパラシュートに近いものでした。

また、かつてはタワーの中腹から北東方向(だったと思う)に鉄骨で組んだ斜面があり、金属(だったと思う)のブラシを敷き詰めた人工スキー場「読売スキーセンター」になっていました。 斜面には人工シャンツェ(ジャンプ台)がありました。 斜面のブラシが硬いので、へたに転ぶと血まみれという話も聞きました。

(追記) 2016-08-21
こちらに「読売スキーセンター」の情報がありました: http://skis-hijikata.o.oo7.jp/ss_i/r...
先に「金属のブラシ」と記載しましたが、そうではなくプラスチックだったそうです。 
それでも、「転ぶと傷ができて痛い」という話を聞いた記憶は残っています。
mkm
写真を追加させていただきました。

丘陵の上に突出した高塔で、すぐ東側が多摩川。 
ちゃんと整備して展望台にすれば東京方面が一望でき、魅力的です。

残念ながら、2013年現在では登ることはできません。よみうりランドの園内マップにも一言も触れられていません。 もっとも、塔の位置は園外のジャイアンツ球場横ですが。

今は携帯通信機器のアンテナ塔、およびよみうりランドの看板として利用されているようです。
mkm
写真を追加させていただきます。

既出のように、パラシュートタワーとシャンツェ(ジャンプ台←ドイツ語 Schanze)
を設備している鉄塔でした。

2016-08-17 撮影の写真を見ると、モバイル通信基地のアンテナ塔が今の主な役目です。
たくさんのモバイルアンテナと、マイクロ波回線のアンテナ(円形)らしき
ものが見えます。 NTT docomo か?

タワーの左側にはローラーコースター バンデットの軌道が見えます。

また、パークの上空を横切るロープウェイ スカイシャトルも見えます。

タワーの手前に見える大きな建物は、2016年の3月にオープンした施設
「グッジョバ!!」のアトラクションエリアのようです。
(擬似的はものづくり体験施設らしい)
1999年の日テレ土9ドラマ「君といた未来のために」で、展望台として使われていました
まれにロケに使われることもあるのかもしれません
mkm
青線さん、1999年というともう20年前。 最近、現地に行くことはないのですが、
ストリートビューで見ると周辺も随分と整備されてきれいになっています。
鉄塔もそんなに劣化しているようには見えません。 丘陵のエッジにある高い塔なので、
東京方面の眺望はとても良い場所です。 展望台として無料で開放してくれると
うれしいのですけどね。 それなりにお金をかけて整備して安全を確保しないと
いけないでしょうけど。

よみうりランドの正門と京王線の駅前をつなぐスカイシャトル(ロープウェイ)が
あります。現状では、良い景色を見たいならお金を払ってスカイシャトルに
乗らないといけませんね。(片道300円/往復500円 おとなとこどもの区別なし。
2019年現在 / よみうりランドをまたいでいるので乗車に入園料は不要)

ところで、シャンツェとパラシュートタワーの映像が映画に残っていました。
加山雄三主演の「アルプスの若大将」(1966 東宝)です。 
現役時代の様子がよくわかります。興味ある方はご覧になると良いかもしれません。
開始から23分30秒付近から数分間読売スキーセンターのシーンがあります。 
パラシュートタワーは、映像によるとパラシュートに人が乗るカプセルがついて
いるものでした。 私の記憶ではもっと本物に近かったのですが、違っていました。