高燈篭(常燈明台)

Winters | 2011/1/21 00:34
写真登録: せんちゃん | mKm | uoo | Winters
靖国神社の常夜灯。東京湾の灯台も兼ねた。1871(明治4)年築。1930(昭和5)年に道路の反対側から移転
戊辰戦争の慰霊灯台でもある。
東京都 千代田区 九段南一丁目 6
QRコード

コメント (3)

mkm
桜マップのために千鳥ヶ淵へ行ったときに見つけました。
幼稚園のころにこの横の靖国通りを毎日通っていたので、そのころから存在は知っていたのですが、
今回初めて高灯篭/常燈明台(じょうとうみょうだい)というものであることを知りました。
周囲には説明は見当たりませんでした。(見落とし?)
明治期にはここから品川沖まで光が届いていたというのですから、驚きです。 埋め立ては江戸の頃から
やっていたそうですが、さすがに高いビルはなかったですね。

Wintersさんのたまねぎと並んでる写真いいですね。このアングルがあるのには気づきませんでした。
私も写真を撮ったので1枚追加させていただきました。
winters
mkmさん、ぜんぜんログインしてなかったのでレスなく失礼しました。
画像に付記しているように写真は20世紀終盤(大袈裟)に撮ったものですが、
たまねぎ絡みはたしか歩道橋から撮ったと記憶しています。
さすがに歴史的な物なので、いまも姿は変わってないようですね。
senchan
 参考にならない写真ですが、追加させていただきました(h30 5/4撮影)。