TOP » 写真 »

清砂大橋(上空より)

山石 合 | 2019/3/14 23:50
tag
 
清砂大橋清砂大橋東側の橋塔

コメント (6)

山石 合
清砂大橋詳細プレート
上空から撮った清砂大橋なのですが、あれ?東側の方が低く見える・・・・
まさかと思って調べたら、錯覚ではなくてホントに東側の方が低かったことが
判明しましたっw
斜めからしか見たことなかったので、今までわからなかった・・・・( ̄◇ ̄;)
東側は44m、西側55mだそうです。
mkm
上空からの写真、なかなかの迫力です。
2つの主塔は道路の両脇ではなく、中央に1本づつずつ立っていますね。
高い西側主塔には計20本、低い東側の方には計16本のケーブルが見えます。

なぜ高さが違うのか気になり、ちょっと調べてみました。
すぐ北側に隣接して東京メトロ東西線の荒川橋梁が並んでいます。(写真に見える
青いトラス) この橋梁の橋脚と川幅方向の位置を合わせて清砂大橋の橋脚を
作る必要があったそうです。 川の流れを乱さないためと思います。 
(2つの橋の距離は橋の幅の中心間距離が 22m、橋脚の接近したところの距離が 5.2m)

なお、主塔を橋の幅の中央の1本にすると、橋脚の幅を狭く作れるとのこと。
(1面吊り構造というそうです)

主塔の位置が決まると主塔に掛る荷重が決まり、そこから高さとかケーブル数
とかが決まってゆくのでしょう。 既設の橋梁の橋脚位置を基準にしたたため、
2つの主塔が支える橋梁部分の重さが違って主塔の高さが変わったようです。
参照した資料(土木学会):
http://library.jsce.or.jp/jsce/open/...

荒川をまたぐ斜張橋部分の各部の長さは次のとおり:
 西側橋塔の西側:170m
     中央部:230m
 東側共闘の東側:147.3m

建設時には、まず主塔を立ててからケーブルで吊られた橋梁を両側にバランスを
とって伸ばしていったと思います。

ところで、主塔高さが銘板に表示されているのって珍しいのではないでしょうか。
長さと幅員だけなら普通ですが。
山石 合
清砂大橋橋脚
mkmさま、詳しい情報ありがとうございます〜(^-^)ゞ
相変わらす凄い情報収拾力です!勉強になります〜
清砂大橋は何度も見学したり渡ったりしたのですケド今まで主塔の高さの違いは
ぜんっぜん気がつきませんでした( ̄◇ ̄;)
下から見上げてるのと、河原から斜めに見てたのでパースかかってると
わからないものですね^^;
mkmさんの情報を見て改めて橋の橋脚写真チェックしてみたら、確かに
東西線の橋脚と東西それぞれ揃えた位置にありますね!勉強になりました!!
山石 合
かつしかハープ橋01
かつしかハープ橋位主塔の高さが違えば一目瞭然なんですけろね〜( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)
mkm
かつしかハープ橋は川をナナメに渡る前後で高架道路の橋脚のスパンが
広がるので斜張橋構造にしているのですね。 高架道路の一部ですから
なが~い橋の部分というふうにも見えます。
こういう込み入った形状の橋は珍しいですね。

以前、中央大橋( http://tower.30maps.com/map/19711 1993年完成)を調べて
知ったのですが、斜張橋は構造計算がすごく複雑になるそうです。
(かつしかハープ橋は 1987年完成 / http://tower.30maps.com/map/42593
さらに、かつしかハープ橋は上から見て逆S字型で、加えて、桁に高低差がある
そうですから設計がとんでもなく複雑になりそうです。

高速で多量の計算をこなすコンピュータの登場なしには、原理的にはわかっていても
実際には作ることができない橋です。

かつしかハープ橋の場合は、その形状から主塔の高さが違うのは納得できます。

ところで、ケーブルを支えている柱は何本あっても「主塔」なのではないかと思う
のですが、どうでしょう?(かつしかハープ橋に「副塔」とあったので)
山石 合
おお、ホントだ!「副塔」になってますねww
あまりに昔のことなので何故副塔にしたのか覚えてないのですが、多分ちっちゃいから??(^◇^;)
でもmkm様のおっしゃる通り、ちっちゃくても支えてる部分はこの主塔おんりーなので
主塔ですよね!直しておきますねm( _ _ )m