タグ » 千南線

合計: 69

川世線№29

mKm | 2009/7/31 15:06
写真登録: mKm
川世線 No.29;南側より川世線 No.29;南隣にある千南線 No. 特9 の近くより川世線 No.29;南西側直下より
H3.3
多摩川対岸、川崎市高津区久地の丘の上にある川世線 No.23で、下段2回線(6本)が分岐し、千南線として別のルートを通る。 千南線は川世線と並行して多摩川を越え、この川世線 No.29 で再び鉄塔の下段に合流する。
高さ: 54.5m
東京都 世田谷区 宇奈根二丁目 23-2
緯度:35.622663 経度:139.602341
QRコード

千南線 No.特9

mKm | 2009/7/31 15:07
写真登録: mKm
千南線 特9号;南側より
S55.9
小さな公園の片隅に立っている。
高さ: 47m
東京都 世田谷区 宇奈根二丁目 9-25
緯度:35.621126 経度:139.602335
QRコード

千南線 No.特8

mKm | 2009/7/31 15:07
写真登録: mKm
千南線 特8号;西側から千南線 特8号;東側から千南線 特8号;多摩川河岸の占有許可の標示がある。千南線 特8号;北西側から千南線 特8号;基部の様子千南線 特8号;多摩川河口から 20km千南線 特8号;レンガ作りの基台
S29.10
多摩川の河原(堤防内)に設置されており、土台は対岸の特7号と同様のレンガで出来ている。(周囲がレンガであるのが見える。中の構造は不明)
この場所の2.4km 上流の狛江市猪方(いのがた)では、1974年9月の台風で宿河原堰堤(しゅくがわらえんてい)に阻まれた濁流により堤防の決壊が発生している。この堤防決壊により家屋等19棟が流された。
この時、周囲の多摩川川原にあった野球グラウンドなどの施設も広範囲に冠水しており、千南線 特8号のある場所にも濁流が押し寄せたものと思われる。
高さ: 36m
東京都 世田谷区 宇奈根二丁目 1-9
緯度:35.618693 経度:139.602301
QRコード

千南線 特7号

Winters | 2009/7/31 15:07
写真登録: Winters
宇奈根の鉄塔宇奈根の鉄塔のレンガ橋台
S29.7
高さ: 35m
神奈川県 川崎市高津区 宇奈根 659-7
緯度:35.615289 経度:139.602338
QRコード

千南線 特6号 直吊懸垂

匿名 | 2009/7/31 15:07
2011/7/3
神奈川県 川崎市高津区 久地 850-2
緯度:35.612871 経度:139.602360
QRコード

千南線 特5号 耐張引降

mKm | 2009/7/31 15:09
写真登録: mKm
千南線 No.特5;南側近くから千南線 No.特5;南側近くから千南線 No.特5;北東側から;高台の川世線No.23 が見える千南線 No.特5;南東側直下から
S53.6
2011/7/3
上段に千南線の送電線2回線(6本)
下段は川世線No.24 で分岐した送電線2回線(6本)を久地(くじ)変電所へ中継している。
高さ: 42m
神奈川県 川崎市高津区 久地三丁目 14-23
緯度:35.610180 経度:139.602386
QRコード

千南線 特4 耐張分岐

mKm | 2009/7/31 15:10
写真登録: mKm
千南線 No.特4;北側より千南線 No.特4;多摩川サイクリングロードより千南線 No.特4;東南東側;崖の上、川世線 No.23のある緑地より千南線 No.特4;西側より千南線 No.特4;基部と名称プレート千南線 No.特4;東側より
登戸線分岐
H14.9
2011/7/3
高さ: 54m
神奈川県 川崎市高津区 久地三丁目 16-80
緯度:35.608822 経度:139.602483
QRコード

川世線 №23 耐張分岐

mKm | 2009/7/31 15:10
写真登録: mKm
南南東側から南南東側から住宅に挟まれた久地緑地入口からふもとから
H14.9
2011/7/3
高さ: 57m
神奈川県 川崎市高津区 久地 513
緯度:35.607633 経度:139.602542
QRコード

川世線 №22 耐張・KDDI 川崎下作延中局

mKm | 2009/7/31 15:13
写真登録: mKm
北東側正面より基地局設備南東側よりアンテナは鉄塔の対角線上に2箇所北西側より;階段状に住宅地が広がり、根元からてっぺんまでフレームに入れるのが難しい。北東側アンテナのクローズアップ南側の1段低い道路より
携帯電話用アンテナ付
2011/7/3
高さ: 56m
神奈川県 川崎市高津区 下作延 1946-12
緯度:35.606137 経度:139.602665
QRコード

川世線 №21 耐張

匿名 | 2009/7/31 15:14
H14.9
2011/7/3
高さ: 57m
神奈川県 川崎市高津区 下作延 1985-2
緯度:35.604674 経度:139.602786
QRコード

川世線 №20 耐張・eM高津下作延局

mKm | 2009/7/31 15:14
写真登録: mKm
川世線 No.20;北側よりイー・モバイル高津下作延局;西側正面より鉄塔下の設備機器川世線 No.20;西側よりイー・モバイル高津下作延局;西側正面よりアンテナイー・モバイル高津下作延局;南側よりアンテナ
左下直吊JP
2011/7/3
イー・モバイルアンテナ付

東京電力川世線No.20 の鉄塔にアンテナが取り付けてある。
(たかつしもさくのべきょく)
アンテナ取り付けアームに「電波放射中」ないしは「電波発射中」の黄色地に赤文字の注意書きが貼ってある。どのくらいの出力かわからないが、ギガヘルツ帯の高出力アンテナに接近し過ぎるのは危険? 2.45GHz 付近だと身体が暖まりそう。
高さ: 51m
神奈川県 川崎市高津区 下作延 1968-2
緯度:35.603276 経度:139.602904
QRコード

川世線 №18 紅白耐張

匿名 | 2009/7/31 15:14
H17.9
2011/7/3
高さ: 64m
神奈川県 川崎市高津区 下作延四丁目 16
緯度:35.600162 経度:139.603778
QRコード

千南線 特2号 重角度

匿名 | 2009/8/31 12:24
S34.10
2011/6/19
高さ: 24m
神奈川県 川崎市高津区 千年 957
緯度:35.581664 経度:139.626509
QRコード

川世線 №17 耐張

number | 2011/2/17 22:12
左下直吊JP
H17.9
2011/7/3
高さ: 44m
神奈川県 川崎市高津区 下作延四丁目 14
緯度:35.598991 経度:139.603910
QRコード

千南線 特1号 引上

SHOT | 2011/5/14 13:27
2011/6/19
神奈川県 川崎市高津区 千年新町 38-9
緯度:35.581240 経度:139.626526
QRコード

川世線 No.19(廃止)

mKm | 2012/2/26 12:32
川世線 No.18 を高くして No.19 を撤去したものと考えられる。
位置は国土交通省 GIS の航空写真(1974年)を参照した。
記憶です(現存せず)
神奈川県 川崎市高津区 下作延四丁目 4-8
緯度:35.602053 経度:139.603239
QRコード

川世線 No.15

mKm | 2013/4/19 23:24
1989年の国土交通省の航空写真によると、この位置付近に鉄塔があり、川世線 No.15 であったと推定される。
両側の No.14, 16 を高い鉄塔にして、2005年頃に撤去されたものと思われる。
記憶です(現存せず)
神奈川県 川崎市高津区 下作延二丁目 25-15
緯度:35.596781 経度:139.605951
QRコード

川世線 No.13

mKm | 2013/4/19 23:31
昭15.12
1989年の国土交通省の航空写真によると、この位置付近に鉄塔があり、川世線 No.13 であったと推定される。
両側の No.14 を高い鉄塔にして、2005年9月頃に撤去されたものと思われる。
記憶です(現存せず)
高さ: 33m
神奈川県 川崎市高津区 末長 261-56
緯度:35.594797 経度:139.608724
QRコード

千南線No.特9-1

mKm | 2013/4/20 14:48
2013年現在、既に撤去されている。 かつては千南線はここで分岐しており、鉄塔のある施設には「祖師谷開閉塔」[そしがやかいへいとう]の名称がついていた。 

この鉄塔撤去後の地中への分岐機能は、隣接の川世線No.53 の建て替えられたマスト型鉄塔が担っているものと考えられる。

コメントも参照。
記憶です(現存せず)
東京都 世田谷区 上祖師谷五丁目 17
緯度:35.655346 経度:139.591030
QRコード
前 | 1 | 2 | 3 | 4 |