タグ » 鋼管製電柱

合計: 1

レトロ電柱とフューチャー電柱

mKm | 2013/3/24 20:20
木製電柱@東百合丘1【2011/02】木製電柱@東百合丘1【2011/02】木製電柱@東百合丘1【2011/02】木製電柱@東百合丘1【2011/02】木製電柱@東百合丘1【2011/02】木製電柱@東百合丘1【2011/02】鋼管製電柱@上用賀1【2013/03】鋼管製電柱@上用賀1【2013/03】鋼管製電柱@上用賀1【2013/03】鋼管製電柱@上用賀1【2013/03】
「塔マップには電柱をマッピングしてはならぬ」と、いにしえよりの教えが
ございます。 もちろん、私も電柱はマッピングいたしません。 そんなこと
をしていたら、生きている間に地元ご町内のマッピングしかできないのが関の山。

ところが、ぜひこの場に載せたいという電柱をみつけました。
地域により珍しいものではないのでしょうが、私の周りではめったに
見られるものではありません。

地図上のマッピングエントリではなく、ブログに掲載させていただきます。

1つは木製電柱。 50年くらい前は川崎市では珍しくもなくそこいら中に
立っていたのですが、最近はお目にかかることはありません。
そんな中、川崎市麻生区を歩いている時に4本の木製電柱を見つけました。
写真は2011年のものですが、現在(2013/03)もそこに立ち続けています。

場所は川崎市麻生区東百合丘1丁目。

前後はとうの昔にコンクリート電柱に置き換えられているのですが、
この4本だけ木製のまま。 「コン柱絶対反対!なにがなんでも反対!」
の住民運動でもあるのでしょうか。 不思議です。


もう一つは鋼管製電柱。 パンザマストというのでしょうか、鉄鋼製のパイプを
つなぎ合わせて長くした電柱です。 パイプは3箇所に絞りがあり、4つの
部分をつなぎ合わせて作っているようです。 外観は銀色に輝いていますが、
メッキで錆び止めをしているものと思います。ステンレス製だとかなり高価に
なってしまいますから、鉄鋼製ではないかと。

場所は世田谷区上用賀1丁目。

ここも前後の電柱は、コンクリート柱のままです。 Street View を見ると
2009年の7月には鋼管製と古いコンクリート柱が並んで写っていました。
その頃に建設されたものだとわかります。
鋼管製電柱の前のお宅が東電のおエライさんで、などと特別な理由でもあるの
でしょうか。 不思議です。


過去の電柱と未来の電柱。 「塔」の仲間には入れてもらえませんが、
いかがでしたでしょうか。
前 | 1 | 次